フランチャイズを始める際に必要となるコストとは?

低コストで事業を始められるフランチャイズの魅力

フランチャイズ事業を始めるにあたっては、契約時に本部に対して加盟金や保証料、教育費、テナント料、販促費などの支払いが必要となることがあり、経済的な負担を考慮しながら契約先を選びましょう。また、多くのフランチャイズ事業では、月々の売り上げに応じてロイヤリティーが発生するため、本部の担当者と相談をしながら、企業ごとのロイヤリティーの仕組みの違いについてしっかりと理解することが大切です。最近では、百万円程度の初期費用でフランチャイズ事業を始めることのできる企業も増えています。そこで、自営業に関するノウハウがない人や、スムーズに売り上げを伸ばしたい人であれば、日ごろからフランチャイズのオーナーの希望者を対象としたセミナーなどに参加をすることがおすすめです。

ロイヤリティーの安いフランチャイズ事業を始めるには

フランチャイズの契約を結ぶにあたり、ロイヤリティーの安さを重視している人は年々増加しています。特に、ファミレスやコンビニなどの業態は、仕入れ先のルートを確保しやすく、経営のノウハウを短期間に習得できるというメリットがありますが、高額なロイヤリティーが発生するケースも少なくありません。一方、学習塾やクリーニング店などのサービス業を扱っているフランチャイズの本部は、飲食業や小売業と比べてロイヤリティーの割合が低めに設定されているところが多くあります。そこで、ロイヤリティーの負担を軽くしたい場合には、各地で定評のあるフランチャイズの本部のホームページを参考にしたり、スーパーバイザーなどの担当のスタッフに積極的に質問をしたりすることがおすすめです。